インフォメーション

U-netの活動の歩み

【会報】 善循環の輪通信 第334号(7月19日)を掲載いたしました

2017.07.19

「善循環の輪」通信 第334号(平成29719日発行)

内容

【会報】 『善循環の輪 島根の集いin雲南』 レポート

624日、島根県雲南市の古代鉄歌謡館におきまして、「善循環の輪 島根の集いin雲南」が開催されました。集いは、近畿・中国地区担当の土井博義理事の開会の挨拶で始まり、その後、速水雄一雲南市長にご登壇いただき、雲南市及び島根県が、EMを利用した河川浄化及び鳥獣対策にいかに期待をしているかの熱のこもったお話しをいただきました。

 


EMの効果に期待する速水雄一雲南市長

 


 
EM技術の最新情報を講演する比嘉照夫教授

次に、比嘉照夫教授による「EM技術の最新情報」の講演があり、自滅的状況にある今の地球を救えるのは比嘉セオリーだけであること、問題解決には世界中の学者が本気で比嘉セオリーに取組む必要があること、EMによる土壌改良、塩を肥料代りに利用する合理性、素粒子・量子、結界の応用などのご講演をいただきました。 

その後、当NPO愛媛県世話人の野本千壽子様(愛媛EM普及協会会長であり、全世界で3名しかいないEM親善大使のお一人)より、「鳥獣対策と現代農業」の講演がありました。野本様が愛媛県で長年の試行錯誤で得られたEMによる鳥獣対策の研究結果を、数十枚の写真を使って分かりやすく解説いただきました。

つづきはこちらからどうぞ

善循環の輪通信 第334号 > http://www.unet.or.jp/docs/zenjunkan/334_20170719.pdf.pdf


地球環境共生ネットワーク「会報」(U-net通信・善循環の輪通信)

バックナンバーはこちら > http://www.unet.or.jp/newsletter/


ご連絡・お問い合わせ

認定NPO法人 地球環境共生ネットワーク

事務局 03-5427-2348 E-mailinfo@unet.or.jp


※前の記事

善循環の輪通信 第333号  【活動紹介】EMで由緒ある池の蓮を復活させたい(712日)
詳しくはこちら > http://www.unet.or.jp/news/article/398.html

< 戻る

書籍のご案内

シントロピー【蘇生】の法則~EMによる国づくり~

シントロピー【蘇生】の法則~EMによる国づくり~

価格:1,000円(税込)