認定特定非営利活動法人 地球環境共生ネットワーク

地球環境共生ネットワーク

地球環境共生ネットワーク
>
Q&A
>
漁業

漁業

Q1 海浜にEM二次活性液の原液を直接流し浜の環境改善を図った結果、ヘドロは激減し貝類が増え絶滅危惧種の「ハクセンシオマネキ」も復活し大いに成果が上がっています。しかし、アマモやホンダワラが浜から100m位離れた深い所から生えているので、原液では強すぎるのではないか心配していますが、どのようなことでしょうか。
A1 アマモやホンダワラの海草類が浜辺や浅い所より深い所から増えてくるのは生態的な特徴です。浜にアサリなど貝類が増えていることは、海全体が良くなっている証明です。浜に原液を流すことで悪影響はないので、強すぎることはありません。